美容皮膚科

ボツリヌストキシン注射

2021年01月01日

 

☆ボツリヌストキシン注射とは

ボツリヌス菌が生成する毒素であるボツリヌストキシンを局所に注入する施術です。 ボツリヌストキシンは筋肉を動かす際の神経伝達物質であるアセチルコリンを阻害することで、局所的に筋肉の動きを鈍く(麻痺)させ、シワを軽減させることができます。 動かなくなった筋肉は徐々に萎縮し、ボリュームが減るという性質を利用して肩こり解消、ふくらはぎの部分痩せ、エラ縮小(小顔)なども可能な施術です。 また、交感神経から伝達される汗を出す信号をブロックすることで過剰な発汗を抑えることもできます。 約5~10分の治療で効果は約3~6ヶ月持続します。

 

 

当院で導入している製剤は米国のアラガン社製のボツリヌストキシン製剤です。 アラガン社製のボツリヌストキシンは厚生労働省により認可されており、非常に安全性の高い薬剤です。

 

☆注入部位

 

 

①額:(目安) 5~10単位

目を大きく開いた際のシワを解消します。

 

②眉間:(目安) 10~15単位

難しい顔をしている際のシワを解消します。

 

③目尻:(目安) 片側 5~8単位

目尻のシワを取ることで若返った印象になります。

 

④アゴ:(目安) 5~10単位

口を閉じているときや、口を閉じた状態で笑った時などにできてしまうアゴの梅干しシワを解消します。

 

⑤エラ:(目安) 片側 25~50単位

咬筋というあごの筋肉が発達して、エラが張っている方に行います。小顔効果が高いです。

 

⑥ワキ:(目安) 片側 50単位

多汗症の方の脇に注射することで、汗腺の働きを抑え、過剰な発汗を解消します。夏場は人気の施術です。

「重度の原発性腋窩多汗症」の治療で保険適用となるボツリヌストキシン製剤は厚生労働省より認可を取得しているグラクソ・スミスクライン社の製剤です。当院では保険適用でも治療を行っております。

 

⑦肩:(目安) 片側 50~100単位

肩の筋肉が張って慢性的な肩こりがある方に、肩の筋肉をほぐして症状を和らげます

 

⑧ふくらはぎ:(目安) 片側 50~100単位

ふくらはぎの筋肉に注射することで、ふくらはぎの筋肉を萎縮させ、足を細くすることができます。

 

☆施術について

 

☆WEB予約について

 

☆料金

 

一覧に戻る