新着情報

新着情報

年末年始休診日のお知らせ。

2021年11月30日

年末年始の休診日をお知らせいたします。

2021年12月29日(水)~2022年1月2日(日) 休診

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

子宮内避妊具(IUS)(現在準備中)

2021年11月21日

インフルエンザワクチン

2021年11月20日

 

☆インフルエンザワクチンとは

インフルエンザワクチンを接種することで、感染を予防したり、感染しても症状を軽くすることが期待できます。特に、高齢者や妊娠中の方はインフルエンザにかかると症状が重くなる可能性があるため、ワクチンを接種をお勧めします。インフルエンザは年によって流行する型が異なりますので、毎年のワクチン接種をお勧めします。

 

☆副反応

・注射反応:注射したところが赤く腫れたり、熱を持ったりすることがあります。通常は数日で消失します。

・発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、嘔気、下痢、関節痛、筋肉痛、めまい、リンパの腫れなども起こることがあります。通常2~3 日で消失します。

・過敏症:発しん、蕁麻疹、湿疹、 紅斑、かゆみなどがまれに起きることがあります。

・卵アレルギーのある方は強い副反応を生じる可能性がありますので、必ず医師に申し出て下さい。

・また、治療中の病気がある方は主治医にインフルエンザ予防接種が可能かどうかご相談してください。

 

☆接種前の注意事項

保険証を必ずご持参ください。

・当日37.5℃以上の方は接種できません。来院後、受付にて体温を測定させていただきます。

・過去に予防接種でアレルギーやショック、けいれんなどを起こしたことのある方は、ご予約時にご相談ください。

・心臓、腎臓、肝臓や血液・免疫系に病気のある方は、ご予約時にご相談ください。

・生ワクチン(麻疹風疹混合、水痘、おたふく等)接種後にインフルエンザワクチンを接種する場合は、4週間以上の間隔を空けて下さい。

・不活化ワクチン(B型肝炎、日本脳炎等)接種後にインフルエンザワクチンを接種する場合は、1週間以上の間隔を空けて下さい。

新型コロナワクチン接種後にインフルエンザワクチンを接種する場合は、2週間以上の間隔を空けてください。また、その逆も2週間以上の間隔を空けてください。

 

☆接種後の注意事項

接種後30分は副反応が起こる可能性があるので、院内で安静にお過ごしください

・接種後の入浴は可能です。注射部分をこするのはお控えください。

・接種後の飲酒や激しい運動はお控えください。

・高熱、けいれんなど副反応がみられた場合は、直ちに医師の診察をお受けください。

 

☆予約方法

初診、再診の方ともに、予約方法は原則お電話での受付となります。

Web予約での受付は行いませんのでご注意ください。

また、ワクチン接種日はお電話をいただいた翌週の日曜日15時~19時(最終受付時間は18時)のみといたします。

(ただし、日曜日のお電話は予約状況により当日接種できる場合がございます。)

例えば、

11月15日(月)にお電話 ⇒ 翌週日曜日11月21日(日)15時~19時の間でワクチン接種

 

☆接種費用(税込)

・13歳以上 3,850円

・ 大阪市在住の65歳以上 1,500円

 

※当院は大阪市予防接種実施医療機関です。

大阪市HP(下記)も合わせてご参照ください。

大阪市HP

HPVワクチン(現在準備中)

2021年11月19日

☆ヒトパピローマウイルス(HPV)とは

 

ヒトパピローマウィルス(HPV)は、子宮頸がんの原因のほとんどを占めます。主に性交渉によって感染するウィルスです。HPVはありふれたウイルスで、女性の80%以上が、一生に一度は感染を経験するといわれています。特に若い世代の感染率は非常に高いといわれています。HPVへの感染そのものは特別なことではなく、そのこと自体を過剰に恐れる必要はありません。しかし、若い女性でも子宮頸がんになる可能性が誰にでもあること、また、HPV感染が原因で病気を発症しても初期は自覚症状が全くなく、がん検診を受けないと気付けないという点に注意が必要です。HPVには200種類以上の型があり、子宮頸がん尖圭コンジローマなどさまざまな病気の原因となります。

 

☆子宮頸がんとは

子宮の入り口の部分に発生するがんのことです。このがんは20代からかかる可能性があるうえ、特に20歳代後半~40代後半にとても多いがんです。若年層にとって、子宮を失う可能性がある為、妊娠・出産へ影響を及ぼすリスクがあります

 

☆HPVリスク群

①高リスク型

 

子宮頸がんの原因となるHPVの代表は16型18型で、子宮頸がんの原因の約65%を占めています。20~30代で発見される子宮頸がんの80~90%は、この16型・18型が原因です。その他、子宮頸がんの原因となるHPVとして、31型・33型・35型・39型・45型・51型・52型・56型・58型・59型・66型・68型などがあります。

代表疾患:子宮頸がん

 

②低リスク型

 

皮膚や粘膜にできるイボの原因となるHPVは6型11型です。

代表疾患:尖圭コンジローマ

 

☆予防効果

①ガーダシル

HPV6、11、16、18の4つの型のヒトパピローマウイルス(HPV)による感染を防ぐワクチンです。子宮頸がんを約60%以上予防します。

 

 

②シルガード9

HPV6、11、16、18、31、33、45、52、58の9つの型のヒトパピローマウイルス(HPV)による感染を防ぐワクチンです。子宮頸がんを約90%以上予防します。

 

 

☆接種スケジュール

ガーダシル、シルガード9は初回接種(1回目)、2ヵ月後(2回目)、6ヵ月後(3回目)に、通常、腕の筋肉へ注射します。
3回接種することで予防効果が得られるため、3回目まできちんと接種してください。

 

 

1回目にガーダシルを接種した場合には、2回目・3回目の接種もガーダシルを使用してください。

同様に、1回目にシルガード9を接種した場合には、2回目・3回目の接種もシルガード9を使用してください。

1回目以降、2・3回目で他のHPVワクチンを接種した場合の予防効果は確認されていません。

 

☆接種後の注意事項

・接種後の腫れや痛みなどの症状が長く続く場合には、医師にご相談ください。

・接種後は、強く揉むことを避け、軽く圧迫する程度にとどめてください。

・接種後に、めまいやふらつき、失神などが起こることがあるため、接種後30分程度は院内で安静にお過ごしください。

・接種後翌日までは、接種部位を清潔に保ってください。

・接種後は、過度な運動を控えてください。

・接種した日の入浴は問題ありません。ただし、体を洗うときに注射部位を強くこすることは避けてください。

 

☆定期検診の重要性

ワクチンを接種したからといって、100%子宮頸がんを予防できるわけではありません。 早期発見および治療のために20歳になったら定期的に子宮頸がんの検診を受けるようにしましょう。

 

※当院は大阪市子宮頸がん予防ワクチン接種実施医療機関です。

大阪市HP(下記)も合わせてご参照ください。

大阪市HP

インフルエンザ予防接種の受付予約方法と接種日のお知らせ。

2021年11月14日

当院では2021年11月15日(月)~インフルエンザ予防接種の受付予約を開始いたします。

予約方法は原則お電話での受付となります。Web予約での受付は行いませんのでご注意ください。

また、ワクチン接種日はお電話をいただいた翌週の日曜日15時~19時(最終受付時間は18時)のみといたします。

(ただし、日曜日のお電話は予約状況により当日接種できる場合がございます。)

例えば、

11月15日(月)にお電話 ⇒ 翌週日曜日11月21日(日)15時~19時の間でワクチン接種

となります。

皆様にはお手数をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

美白・美肌外用療法:トレチノイン、ハイドロキノン

2021年11月12日

 

 

☆シミのできるメカニズム

 

A. トレチノイン

トレチノインはビタミンAの誘導体で、難治性のニキビの治療薬として米国で認可されています。また、皮膚のターンオーバーを促進する作用は色素性疾患の治療に有用です。皮膚のターンオーバーが早くなると、皮膚の角層のメラニンが垢となって剥がれて、角層のメラニン量が減少します。そして、シワなどの皮膚の紫外線老化にも効果が認められ、有効なアンチエイジング外用薬として使用されています。

①皮膚のターンオーバーを促進する。

②表皮の細胞分裂を促進し皮膚の再生を促す。

③皮脂腺の働きを抑え皮脂の分泌を抑える。

④真皮のコラーゲンの生成を促す。

⑤表皮内でヒアルロン酸などの分泌を高める。

 

 

B. ハイドロキノン

ハイドロキノンは、1940年台から米国で美白剤として使われはじめ、現在では世界中で使われている歴史の長い安全性が確立された美白剤です。ハイドロキノンの美白効果は非常に高く、リン酸化ビタミンCや化粧品に含まれるアルブチンの約100倍の効果があるといわれています。現在までさまざまな化粧品会社が美白剤をつくってきましたが、ハイドロキノンより効果があり安全な美白剤はいまだ開発されていません

①メラニンを合成するチロシナーゼという酵素の活性を抑制する。

②メラニン細胞(メラノサイト)を破壊する。

③メラニンの凝集したメラノソームを分解する。

 

 

C. トレチノイン・ハイドロキノン療法

 

トレチノイン・ハイドロキノン療法は、漂白期と治癒期に分かれます。

①漂白期:治療開始2~6週目ではトレチノインおよびハイドロキノンを併用し、表皮メラニンの排出を促します。多くの場合は治療開始後3~4日のうちに皮膚が紅くなる皮膚炎症状と、ターンオーバーの亢進により落屑(皮膚の皮がうすく剥ける状態)、乾燥がみられます。

②治癒期:シミが消失あるいは軽減した段階で治癒段階に移行させます。トレチノインを中止しハイドロキノンのみを広範囲に外用します。

 

 

重要なポイントは、1クールのトレチノインの使用期間は最大2ヶ月程度で、休止期間は最低1ヶ月は置くという点です。

 

<外用方法>

1日1回夜の洗顔後に外用します。使用開始直後は、頬部のめだたない所に親指くらいの大きさで外用して、3~4日程度どの程度の反応が起こるかをみてください。

①メークを落として洗顔します。化粧水を使用される場合は最初に顔全体の肌になじませてください。

②トレチノインを塗ります。指先あるいは綿棒で、丁寧にごく薄く付けてください。部分的に盛り上がって残っている場合は綿棒で拭き取ってください。塗布後は数分間乾かしてください。

※最初から厚く塗らないでください。反応が予想以上にでることがあります。

③トレチノイン塗布20分経過した後にハイドロキノンを塗ります。

④トレチノインとハイドロキノンを外用中は、天候に関わらず日中は必ずサンスクリーン剤を使用してください。

 

☆料金

美白・美肌内服療法:シナール、ユベラ、トラネキサム酸

2021年11月12日

 

 

A. シナール

 

シナールアスコルビン酸(ビタミンC)パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)を配合した錠剤です。肌の調子を整え、しみの予防と改善、くすみ改善の効果が期待できます。ビタミンCはシミの原因となるメラニンの生成を抑え、シミ、そばかすができるのを防ぐと共に、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進します。ビタミンB5は、糖分、脂質、たんぱく質の代謝を促し皮膚や粘膜を正常に保つ効果があります。また、ビタミンCだけではなくビタミンCの働きを助けてくれるパントテン酸を一緒に摂取することで、抗酸化、コラーゲン生成、メラニン抑制、皮脂の分泌を抑える、細胞活性等に優れており、肌の老化を遅らせる等の効果が期待できます。

<副作用>主な副作用として、胃不快感、吐き気、嘔吐、下痢等があります。

 

B. ユベラ

 

ユベラは、ビタミンEの一種であるトコフェロール酢酸エステルです。血管内での血液凝固を防ぎ、体内の血流を改善することで、皮膚の新陳代謝を高めてお肌のターンオーバーを正常化し、色素沈着やシミ・そばかすを改善します。血液は栄養を全身に送る働きのほかに老廃物を回収し流す働きもしています。酸化によるダメージから細胞を守る働きがあるため、肌荒れを予防する効果も期待できます。また、血管を拡張し血液中のコレステロールの酸化を抑えこむ作用もあるため、血管内での血液凝固を防ぎ、末梢の循環障害を改善します。

 

<副作用>

主な副作用として、便秘、胃部不快感、下痢、発疹等があります。

 

C. トラネキサム酸

 

トラネキサム酸は人工合成されたアミノ酸です。しみの原因となる肌内部での炎症を鎮め、しみを出来にくくします抗炎症作用は微弱炎症状態にある肝斑に効果があります。また、プラスミン(メラニン産生細胞を活性化)の働きをブロックします。効果は1、2ヶ月後に現れるのが一般的ですが、早い方は1ヶ月で効果が出ます。

 

<服用ができない方>

・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある
・妊娠または授乳中である
・血栓症(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎等)の方、またはその恐れがある方

<副作用>

主な副作用として、食欲不振、下痢、嘔吐、胸やけ、眠気、掻痒感、発疹などがあります。

 

☆料金

美肌再生治療(マッサージピール):コラーゲンピール

2021年11月07日

 

☆マッサージピールとは

 

『マッサージピール』とは、イタリアで10年の臨床研究を経て国際特許を取得したピーリングで、日本には2017年に上陸しました。専用のピーリング剤をお肌にやさしくマッサージしながら浸透させ、皮膚を剥離させずに、皮膚のより深層にある真皮細胞に働きかけ、表皮再生を活性化させる治療法です。『コラーゲンピール』とも呼ばれ細胞再生・新たなコラーゲン線維形成を促し、ハリと弾力を取り戻すことができます。

 

☆PRX-T33とは

 

高濃度TCA(トリクロロ酢酸)と、低濃度過酸化水素コウジ酸が配合された特殊な薬剤です。

 

☆効果と特徴

 

①トリクロロ酢酸(TCA) 33%:線維芽細胞の活性化、コラーゲンの増生促進

ケミカルピーリングの中でも、より肌の深部に作用することから高い美肌効果がある反面、強い剥離作用と炎症作用があるため、一般的な美肌治療への使用は難しいとされているピーリング成分。低濃度の過酸化水素と併用することで、高い美肌効果がそのままに、デメリットである肌の剥離、炎症を抑えることが可能。

②過酸化水素(H2O2):トリクロロ酢酸(TCA)の剥離作用から表皮を保護、タンパク質の変性を防ぐ

低濃度の過酸化水素は、トリクロロ酢酸(TCA)の持つ強力な剥離作用、炎症作用を抑制。また、真皮細胞に働きかけ、細胞の再生及び、新たなコラーゲン線維の形成を促進します。

③コウジ酸 5%:美白効果、メラニン生成抑制、活性酸素除去、AGEs産生抑制による抗糖化作用

シミのもとメラニンをつくる酵素の働きを抑制。また、年齢とともに糖化により生じる黄ぐすみの原因となるAGEs産生抑制効果もある美白有効成分です。

 

 

☆ケミカルピーリングとの違い

マッサージピールは「PRX-T33」という薬剤を使用して、お肌を優しくマッサージしながら行う新しいピーリング治療です。通常のピーリングとは異なり、表皮の角質にはほとんど作用することなく、肌の奥深くに浸透してコラーゲンの生成をサポートし、肌全体をふっくらハリのある肌に導くため、小ジワやたるみに効果的といわれています。

 

☆施術について

 

☆施術の流れ

 

☆WEB予約について

 

☆料金

 

美肌再生治療(ケミカルピーリング):サリチル酸マクロゴールピーリング / ベビーピール

2021年11月06日

 

☆ケミカルピーリングとは

 

健康な肌はおよそ28日周期で新陳代謝が行われ、これをターンオーバーといいます。しかし、乾燥や紫外線、ストレスなどによって肌のターンオーバーが乱れると肌の表面に古い角質が残ってしまい、毛穴の汚れ、くすみ、ざらつき、ニキビなどの原因となります。
ケミカルピーリングはグリコール酸、乳酸、サリチル酸といった一種の酸を皮膚に塗布することによって皮膚表面の古い角質を剥離(ピール)し、肌の新陳代謝を高めるという治療法です。古い角質を除去することで肌のターンオーバー(表皮の生まれ変わり)が促進され、くすみやニキビなど様々な肌トラブルの解消へ繋がります。

 

 

☆サリチル酸マクロゴールピーリングとは

 

『サリチル酸マクロゴールピーリング』とは『ベビーピール』とも言われ、今までのピーリング剤とは異なる新しいピーリング剤を用いた画期的なピーリング方法です。使用する薬剤は通常使用されているピーリング剤であるグリコール酸(AHA)ではなく、サリチル酸(BHA)です。サリチル酸(BHA)は、角質軟化・融解作用を持ち、これまでもケミカルピーリング剤として用いられていましたが、従来のものは、エタノールに溶解されているため、痛みや発赤、炎症などの副作用が、効果の高さと引き換えに多く見られました。しかし、『サリチル酸マクロゴールピーリング』ではサリチル酸をマクロゴールという基材に溶かすことによって酸が皮膚深部へ浸透するのを防ぎ、角質層のみに反応させる事で、副作用がほとんど無くなりました。同時に高濃度での使用が可能となり、非常に高い効果があります。

 

☆効果と特徴

 

①ターンオーバーの正常化:ピーリングで古い角質を取り除き肌をリセットすることでターンオーバーを正常に保つことができます。

②殺菌作用:優れた殺菌効果と皮脂分泌抑制作用によってニキビのできにくい肌を作ります。

③メラニンの排出:新陳代謝が活性化することで角質にあるシミの原因、メラニンが排出され、シミやニキビ跡の色素沈着を改善します。

④余分な角質の除去:肌表面の古い角質を除去してくすみを改善、透明感のある柔らかな肌へ導きます。

⑤毛穴の引き締め:毛穴の汚れを奥から溶かし出し、開いた毛穴を引き締めます。また、ターンオーバーが正常になることで肌のキメが整い、毛穴が目立ちにくくなります。

⑥コラーゲン産生の促進:真皮のコラーゲン産生が促されるため、肌にハリがでて小じわの改善に繋がります

 

☆施術について

 

☆施術の流れ

 

☆WEB予約について

 

☆料金

特典内容の変更、および追加のお知らせ。

2021年10月02日

10月より美容皮膚科診療、医療レーザー脱毛診療の特典が変更となりました。

そして、AGA/FAGA専門外来に新たに特典が追加されました。

詳しくは、各診療ページをご参照ください。